遊び場の事故防止・リスクマネジメント

子どもたちが遊び時、高いところに登り、ぶら下がり、滑ります。グルグルと回ってめまいを起こします。

そんな風に、子どもの遊びには、もともと「危険」な行為が内包されており、それが「楽しさ」「面白さ」であり、遊びの本質です。

ですから、一概に「安全であればあるほどいい」というわけにもいかず、事故防止はとても難しい課題です。 

しかし、子どもの事故の発生が多いのも遊び場です。

リスクマネジメントの視点から15年来、遊び場の事故防止を研究してきた松野が、それぞれの現場に即したリスクマネジメントを提案していきます。


<委託>プレイグラウンド・セーフティー・ネットワーク(PSN)関西事務局

当団体は、プレイグラウンド・セーフティー・ネットワーク(PSN)関西事務局として、子どもの遊び場での事故防止活動を実施しています。