事故事例と対策

子どもたちの事故は、家庭にごく普通にある製品や場所でたくさん起きています。

「不慮の事故」と呼ばれているように、事故は「しかたがないこと」「運が悪かった」とされ、対策としては、ママに対して「目を離さないように!」というような注意喚起を促すばかりでした。

しかし、世界的には、子どもの事故は予測可能であり、予防可能だとされ、多くの具体的な対策が示されています。

すべての子どもたちを予防できる傷害から守るために、幅広い情報提供先からピックアップした事故事例とその対策を提供していきます。